物件を売却する場合、最も損を少なくする方法として「不動産を通さないで家を売却する」方法があります。自分で物件を売却すると、手数料(売却額の3%+6万円)がかからないというメリットがあります。

しかし、物件調査や契約書の作成、測量や境界確定、登記手続き、融資の手続き等をすべて自分で行える場合は、手数料を比較的抑える事が可能ですがこういったものを作成する場合、専門的知識が必要になるので素人だけでは出来ない事が多いです。

今回は、不動産を通さないで家を売却する時のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

不動産を通さないで家を売却する時のメリット

まず、不動産を通さないで家を売却する時の一番のメリットといえば手数料(売却額の3%+6万円)がかからない事ですね。売却額の3%といっても、高額な物件なら結構な額になります。例えば、1000万円の物件なら(1000万円×3%+6万円)×1.05=378,000円 (消費税込み)と、38万ほどの経費を浮かせる事が出来ます。2千万、3千万と物件が高額になればなるほど手数料の額も跳ね上がります。

不動産を売却するのに必要な事として、「買主様を探す」「契約書を作成する」「諸手続きを行う」「買主様を不安にさせないようにする」などといった事が挙げられます。それが個人で全てできるのであれば不動産会社を通さなくても大丈夫です。

もし、契約書を作成したいのであれば、そのような業者に契約書の作成を依頼するという方法も可能です。現在では、インターネットが普及している事もあり、ご自身で自宅の価格を決め、写真を撮り、物件のキャッチコピーを考えて販売するという人も増えてきています。

また親子間の売買契約であれば、売買におけるトラブルは殆ど発生しないかと思われます。ただ、売買価格の設定によっては贈与とみなされることがありますので、その点においては注意が必要です。親子間の取引であっても、最近では不動産を通して取引するケースが増えています。

不動産を通さないで家を売却する時のデメリット

不動産を通さないで家を売却すると、大きなリスクが伴います。親子関係、顔見知りや知人間での取引になる事が多いかと思われますが、もし物件に何かしらの不備が発生した場合、取引内容でのトラブルなどが非常に発生しやすく、内容によってはお互いの信頼関係、人間関係が崩れる原因になる事があります。

不動産取引は、契約上の約款が非常に細かかったりと、かなり難しいものです。例え身内間の取引であっても、基本的に「売り手」と「買い手」は利益が相反する関係です。どんな仲の良い兄弟同士でも骨肉の争いになる事もあり得ます。場合によっては、裁判・訴訟になるケースも考えられます。

不動産取引は、仲介会社が入ることによって取引を安全に行える事が出来るようになっているのです。取引時には書面を残し、売主・買主双方にとっても気持ちよく安心できるためにも、不動産の仲介は必要になります。

大きな不動産などの資産の売却には、税金、法律、保証、義務等の様々な専門知識が必要になります。もし、なんの知識も持っていない場合は不動産に仲介してもらった方が万が一のトラブルを回避できるので安心です。個人間の直接取引を検討される場合は、くれぐれも慎重に行いましょう。

また、不動産を通して不動産を売却すると広告に掲載して購入者を探してくれるといったサービスもあります。できる限り多くの地域で、購入者を探したい場合は不動産に仲介に入ってもらった方がスムーズに売却できると思います。不動産は、時間がかかればかかるほど価値が落ちやすいものです。プロの不動産なら、宣伝も上手に行ってくれるので、比較的買い手も探しやすいかと思います。

もちろん、自分で広告宣伝費を出して不動産をアピールする事も可能ですが、個人で行うと広告用の物件資料を自分で作らなければいけなくなりますし、物件の情報を整理したりなども全て行わなければなりません。こういった物件資料作成は、素人が簡単にできるものではないので、やはりプロに任せた方が安心なのではないかと思います。

不動産を通さないで家を売却する時のデメリット・デメリットまとめ

不動産を通さないで家を売却すれば、手数料分かからないのでお得です。しかし、実は不動産を通す事で様々な売買トラブルを回避できるようになっているので、特に素人の場合は安心を手数料で買うといった形で不動産の仲介を通しておくのは大切です。

何も知らずに不慣れな取引きを行うと、取引によるミスや悪意のある買主と出会った場合などにトラブルに巻き込まれることがあります。また、不動産取引には物件調査や契約書の作成、測量や登記手続き、融資の手続き等といった専門的な知識が必要になります。

「自分で買主を探せる」「契約などで必要になる書類等を、全て自分で準備できる」「万が一トラブルが起きた時のリスクを把握している」などといった事が理解できていれば個人で行うのも可能かもしれませんが、もし不動産取引でトラブルを起こしたくない方や専門的な知識がない場合は不動産を通して売却する事をオススメします。

おすすめの記事