家や土地などの不動産を売却する時には、様々な手数料がかかります。今回は、不動産売却時にかかる手数料をご紹介します。

不動産売却にかかる手数料

印紙税

家を売却する際には、契約書に貼付する印紙が必要になります。印紙の価格は、物件の価格によって変わります。

印紙税一覧表
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm#TaxList(外部サイト)

仲介手数料

また、家の売却時には仲介会社によって取引される方が多いかと思います。その場合は仲介会社に仲介手数料を支払わなければなりません。仲介手数料は、原則として上限が決められており、「取引価格×3%+6万円+消費税」の金額までとなっています。

具体例を出すと、500万円の物件の場合は「5,000,000×3%+6万円+消費税=225,000円」までが仲介手数料の金額を仲介会社が決める事が出来るようになるという事ですね。

仲介会社が悪徳業者になると、仲介手数料がこの価格より上になってしまう事もあります。後で仲介手数料の払いすぎで困らないようにも、手数料を払った際には必ず自分で計算するようにしましょう。

仲介手数料には消費税がかかるって本当?

仲介手数料には消費税がかかります。不動産会社から不動産を購入する場合、消費税は建物にはかかりますが土地は非課税になります。また個人から不動産を購入する場合は、建物にも土地にも消費税がかからないようになっています。

しかし、仲介手数料に関しては例え売主が不動産会社であっても、個人であっても消費税がかかるので注意が必要です。

抵当権抹消登記費用

住宅ローンを組む際には、銀行からお金を借りて組む事になる方が多いと思います。その場合は家を担保として確保する為の抵当権をつけるために、抵当権設定登記を必ずつけさせられます。

家を売却して、ローンを完済させたら抵当権を抹消する手続きと取らなければなりません。その時の費抵当権抹消登記費用は不動産1件について、1,000円なのですが、家の場合は家、土地それぞれに各1,000円ずつかかるため合計2,000円かかるケースが多いです。

また、司法書士に支払う費用が10,000円程かかります。抵当権抹消登記費用は、一軒家売却の場合は合わせて12,000円程かかりますね。

住宅ローン残額

抵当権抹消登記費用を抹消する手続きをするためには、住宅ローンの残額を0にする為に住宅ローンの残額を完済しなければなりません。その為にも、売却額は残りローン残額よりも高めに設定する事が望ましいと言えるでしょう。

住宅ローンの繰り上げ返済事務手数料

住宅ローンの繰り上げ返済時には、多くの金融機関で事務手数料がかかります。イオン銀行などのネットバンクでは、繰り上げ返済0円の所もありますが、それでも最終完済時には事務手数料がかかる事がありますので、ネット銀行の場合も事務手数料代を用意しておく事が大切です。

主に、ローン繰り上げ手数料は3~5千円程度の事が多いですが、35年フラット固定などの固定期間選択型の場合は数万円かかる事があるので注意が必要です。

家の売却時にかかる税金

家を売却した場合にも、税金はかかります。ただし、税金がかかるケースは「買ったときよりも不動産が高く売れた場合」です。この場合は、不動産取引によって利益が出たと計算するため、確定申告が必要になります。

しかし家が高く売れた場合でも、譲渡所得が3000万円以下の場合は税金がかかりません。物件を取得した時には、物件価格だけでなくリフォーム代や仲介手数料、ローン保証料といった取得費がかかっています。

※譲渡所得=売却価格-(購入価格+取得費+譲渡費用)

売却時にも、同じように仲介手数料などの譲渡費用がかかっています。このような取得費や譲渡費用なども、譲渡所得を出す時の計算に入れる事が出来ます。

また、買ったときよりも不動産が安くなってしまった場合は利益計上出来ないので税金はかかりません。よっぽど良い土地でもない限り、ほとんどのケースがこのケースかと思います。住宅ローンと同じくらいの価格で売却しようとすると、手数料分が赤字になってしまうので気をつけるようにしましょう。

家の売却額が安くなった場合には税金が還付されるケースも

家が購入したときよりも安くなってしまった場合、4年間に渡って税金が戻って来る制度として「譲渡損失の繰越控除制度」というものがあります。この制度を使用すれば、家の売却によって発生した赤字分の損失を、3年間にわたり譲渡損失として計上する事が出来るようになります。

こうする事で、税金が返ってくるようになりますので、もし不動産の売却で赤字を出してしまい悩んでいる方も、確定申告を行ってくださいね。

家の売却額時にかかる手数料まとめ

家を売却する際には、様々な手数料がかかります。印紙代、仲介手数料、抵当権抹消登記費用も去る事ながら、住宅ローンの残額も払わなければなりません。

また、物件が購入時よりも高く売却できた時、物件の売却によって利益額が出た場合は、税金がかかります。必ず税務署にいって確定申告を行うようにしましょう。

ただし、家が高く売れた場合でも、譲渡所得が3000万円以下の場合は税金がかかりません。売却する物件を購入する際に仲介手数料をいくら払ったのか、売却時に、仲介手数料や広告宣伝費など経費がいくらかかったか等は、税金対策の為にもしっかり計算しておく事にしましょう。

おすすめの記事