様々な国でビジネスを展開している企業に勤めている場合、海外転勤を命じられるのも珍しくはありません。そうなると、持家としてマンションに住んでいる場合は、人に貸すか、売ってしまうかの選択を迫られることになります。はたして、どっちがいいのでしょうか?

そして、何か他にいい方法はないのでしょうか。「人に貸す」「売却する」「リロケーションサービスを利用する」の3つの方法を徹底比較してみました。

人に貸す

一つ目の方法は、賃貸マンションとして人に貸すことです。この方法のメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

1.収入が入る

人に貸している以上は、家賃として毎月決まった収入が入ってきます。毎月の住宅ローンの返済額を上回る金額で家賃を設定できれば、収支がプラスになり、マンションの維持費を出す必要がないのは大きなメリットです。

2.劣化が防げる

マンションに限らず、家は人が住まなくなるとどんどん劣化していきます。人が住んでも部屋は傷みますが、住まないよりはダメージは少ないでしょう。

デメリット

1.借りる人次第でトラブルになる

マンションを人に貸す場合、借りる人の権利を保護するために、借りる人から家を出ていくという意思表示がなければ、大家=貸す人からは退去させることが原則としてできなくなっています。

また、自分が住んでいない不動産の管理は想像以上に大変です。借りる人の生活次第では、マンション自体が荒れてしまい、再び快適に暮らせるようにするために余計な時間とお金がかかる場合もあり得ます。

売却する

一方、潔くマンションを売ってしまう場合のメリットとデメリットについても考えてみました。

メリット

1.支出が減らせる

マンションを持っている限りは、毎年固定資産税を払わなくてはいけません。住宅ローンを組んで買っていた場合、毎月の支払も続きます。しかし、マンションを売却してしまえば、これらの支払は終わるので、その分を生活費に回せるのは大きなメリットでしょう。

デメリット

1.住宅ローンの返済が残るケースもある

マンションの売却代金で住宅ローンを完済できるなら特に問題になりませんが、価格次第では住宅ローンの返済が終わらないことも考えられます。こうなると、先ほど紹介した支出が減らせるというメリットは消えてしまうのです。

2.戻ってきてからの家に困る

マンションを売却してしまうと、海外赴任から戻ってきたときにどこに住むかが問題になります。帰任時期が決まった段階で、日本の不動産会社とやり取りを始めなくては、住む家がないという事態にも見舞われかねません。

リロケーションサービスを利用する

賃貸に出すのも、売却するのも一長一短というのが本当のところです。どちらにするか決められないなら、リロケーションサービスを利用してみてはいかがですか?

リロケーションサービスとは、所有しているものの、海外赴任・相続等何らかの理由でそこには住めない不動産について、サービス提供会社が貸出から管理を受託してくれるサービスです。この方法についても、メリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

1.戻ってきてからの家がある

リロケーションサービスを利用した場合、サービス提供会社は部屋を借りたい人と定期借家契約を結びます。この場合、所定の期間が満了したら更新せずに賃貸借契約を終了させられるので、戻ってきてからの家が確保できるのは大きなメリットです。

2.家賃保証がある

リロケーションサービスを利用している間は、サービス提供会社が家賃保証を行ってくれるので、毎月一定額の収入が入ります。住宅ローン返済の足しにできるでしょう。

3.入居者対応を任せられる

サービス提供会社が入居者からの家賃の回収、クレーム対応など一連の業務を請け負ってくれます。

デメリット

1.やっぱり部屋は傷む

人が住む以上、部屋が傷むのは避けられません。借りた人の過ごし方次第では、戻ってきて住み始める際に追加でリフォームが必要になる可能性もあります。将来、売却を考えている場合にも、査定額が大幅に下がるのは明らかにマイナスです。

2.担当者の力量しだい

トラブルが発生した場合、サービス提供会社の担当者の力量しだいでは、丸く収まらないかもしれません。海外にいては事態を見守るしかないのも事実なので、ストレスを感じることもあるでしょう。

リロケーションサービス会社の選び方は?

実際にリロケーションサービス会社を選ぶ際は、どうすればいいのでしょうか。海外に事業所を多く構える企業では、従業員の福利厚生も兼ねて、リロケーションサービス会社の紹介を行っている場合もあります。

身近に利用したことがある方がいる可能性も高いので、海外赴任が決まった時点で一度リサーチをしてみるといいでしょう。

そして、最終的にどこに依頼するかを決める際は、会社の規模だけにとらわれず、サービス内容と担当者との相性を大事にしてください。海外赴任は慣れない国で暮らしながら、様々な人と仕事をしていくという意味でとてもストレスがたまります。

住み慣れた家を人に託すことで、余計なストレスをためないようにするのも大事です。そのためには、「この人に任せた!」と言い切れる担当者と手を組むのをおすすめします。

おすすめの記事