家を売却する際に、迷うのは「家はそのまま売った方がいいのか、それとも更地にした方が売りやすいのかな?」といった所ではないでしょうか?

正直な所、古すぎる家(築30~50年)の場合は、更地にした方が売りやすいかと思います。ただ、更地にするためには費用もかかります。大抵一つの家をつぶすには120~200万円ほどかかるとも言われています。木造の場合、一坪3万円~、RC住宅の場合は、一坪5万円~ほど解体費用がかかるとも言われています。

また、更地にすると固定資産税が上がります。大抵の場合、更地にすると固定資産税が4倍ほど上がると言われています。

その為、更地にレンタル用のコンテナを建てて節税対策している土地持ちの人も最近では多いそうです。そういった事も踏まえた上で、土地は更地にするのかどうかを考えた方が良いでしょう。

今現在は、更地の方が需要が高い

今現在の日本は、中古物件よりも新築物件思考が強く、更地の方が需要度は高いです。特に、物件を売却する時はイメージの良しあしが付き物で、誰も住めないような古い物件がついていると、いくら利便性の高い土地だった場合でも買い手がつきにくくなる事があります。

しかし、ここ数年は不況の影響もあって古い家をリノベーションして住むといった人も増えてきています。買い手が何を求めているかによって売り方は変わってくるので、あえてそのままの状態にして売るケースも多いですね。

あまりにも物件が古すぎる場合は、更地にした方が売り手がつきやすいでしょう。雨漏りがするような家は、更地にした方が特に良いですね。雨漏りする状態で売却してしまった方が、かえって苦情が起きるケースに繋がりやすくなるので、こういった場合は更地にした方がベストです。

もし、家の解体を考えているなら解体業者の相見積りをしてくれるサイト「解体王」で、最安値で解体してくれる不動産会社を探してみてください。

解体王:http://www.kaitaiou.com/

更地にするお金がないなら、家の中を少し直しておくだけでもイメージアップに

更地にしなくても室内をリノベーションしたり、ふすまや畳をキレイにしてから売却するといった方法もあります。外観がキレイなら、室内を直すだけでもグッと印象は変わります。

外観よりも、内観の方が住んでいる分傷みやすいので、出来ればガスコンロ付近や水回りは最低限キレイにしておくといいでしょう。また、リノベーションが出来ないならせめてピカピカに磨いておきましょう。

利便性の高い土地なら、複数の不動産に相談してみよう

もし、売却しようと考えている土地が利便性の高い土地である場合、家を更地にするかどうかは何人かのプロに聞いた方が良いかもしれません。利便性の高い土地の場合は、いくらそのままでは住めないような物件でも価値がつくケースもあります。

まずは不動産一括査定サイトなどで、物件の土地の相場を調べて置き、それから複数の不動産会社に足を運んでみて下さい。

迷うなら、家と土地つきで売ってしまおう

売り方に迷っているなら家と土地つきで売ってしまう方が良いかもしれません。もし、家つきで売却するならば、買い手が「リフォームするか」「取り壊すか」をチョイスするという自由度が効くからです。

また、かえってすでに古家が建っている場合の方が、取り壊してから新しい家を建てたときのイメージが容易につきやすくなります。駐車場の使いやすさ、家が建ったらどの位の大きさになるのか、家が建った後の日当たりなども、建っているからこそわかりやすい部分ってありますから。更地の場合だと、「家が建ったらどんな風になるんだろう」といったイメージが難しくなります。

買い手が例え更地を望んでいる場合でも、古家の存在とは必ずしもムダにはならないのです。いずれ古い家を取り壊すにしても、事前に建物がある事で、新しくその土地に家を建てるときのイメージが浮かびやすくなります。そういった点から、あえて売却時に古い家を残しておくという人もいます。

ここ数年は古民家をリノベーションして住む若者も増えてきています。また、古民家をリノベーションして民泊用にしたり、シェアハウス賃貸に出すといった人も多いですね。その為、地域によっては古い家付きでも売れてしまうといったケースもありますね。

家は更地にするか、そのまま売るかどっちがいい?まとめ

ここ数年は、不況の煽りも受けて物件が売れにくくなってきています。そういった経緯もある事から、古い家をそのままつけた状態のまま売却する人も少なくありません。更地にした方が固定資産税は4倍ほど上がる為、あえて古い家がついたまま売る人も増えてきています。

また、家がついた状態のまま売った方が、新しい家を建てるにしても、日当たりなどのイメージがつきやすいというメリットがあります。しかし、場所によっては更地にした方が売りやすいケースもあるので、複数の不動産会社に相談したり、不動産一括査定サイトなどで物件の情報を調べてみてください。

もし古い家をつけたままで売る場合でも、必ず水回りやガスコンロなどはキレイにしておき、庭の雑草などはきちんと掃除してキレイにしておく事が大切です。いくら家が古いままでも大丈夫だからと、掃除を怠らずにキレイな状態で売るようにしましょう。

おすすめの記事