マンションを売却する際は、相場を知っておくのが重要と言われています。でも、なぜ重要なのでしょうか?そして、重要と言われたところで、どうやって調べたらいいのでしょうか?誰にでも簡単に実践できて、役に立つ方法を伝授します。

なぜ、相場を知ることが大事なのか?

ご自分が住んでいたマンションを売却する際には、いくらで売り出すのかを決めるのがとても重要になります。その際、注意したいのは、相場からかけ離れた価格を設定しないことです。

相場からかけ離れた価格を設定してしまうと、いつまでたっても買い手が現れないという事態も起こりえます。実際に価格を決める場合は、不動産会社の査定に基づくのが一般的ですが、最終的に決めるのはご自身です。判断を誤らないためには、相場をつかんだ上で動くのが賢明でしょう。

相場を知るにはどうすればいい?

では、具体的にマンションの売却価格の相場を知るにはどうすればいいのでしょうか?ぜひ活用していただきたいのが、インターネットによる情報収集です。ここでは、次の4つの方法をご紹介します。

  • 不動産取引情報提供サイト (REINS Market Information)
  • 国土交通省土地総合情報システム(Land General Infomation System)
  • 大手不動産情報サイト
  • 不動産一括査定サイト

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

不動産取引情報提供サイト (REINS Market Information)

マンションをはじめとする不動産を売却する場合、不動産会社に頼んで動いてもらうのが一般的です。難しい言葉でいうと、媒介契約と言います。一つの不動産会社にお任せした場合(専属選任媒介契約・専任媒介契約)、指定流通機構(REINS)に登録した売却物件が売れた時は、成約情報を報告する義務があります。

このデータを基にした情報提供サイトが、「不動産取引情報提供サイト (REINS Market Information)」です。基本的な使い方は、次のようになっています。

  1. 建物種別(マンション・戸建)、都道府県、地域を選択し、検索ボタンをクリックする。
  2. さらに詳しく条件を設定する画面に映るので、市区町村・地域、最寄り駅、沿線、駅からの距離、単価、専有面積、間取り、築年数、成約時期、用途地域を設定し、条件をさらに絞り込む。

これだけで、マンションの平方メートルあたりの単価がわかります。なお、番地までは設定できないので、同じ地域で似た条件の物件の価格を調べるという使い方をするといいでしょう。

参照
不動産取引情報提供サイト(マンション・戸建住宅の売買価格・相場・取引事例の情報公開サイト)
http://www.contract.reins.or.jp/search/displayAreaConditionBLogic.do

国土交通省土地総合情報システム(Land General Infomation System)

国土交通省が運営するサイトです。マンションの取引価格、地価公示、都道府県調査の価格を検索できます。使い方はとても簡単です。取引情報の時期、調べたい取引情報の種類(今回の場合は中古マンション)、地域(都道府県、市区町村、地区)または沿線・駅名を選択し、検索ボタンを押すだけです。これだけで、次の情報がわかります。

  • 最寄り駅
  • 駅までの距離
  • 取引総額
  • 間取り
  • 免責
  • 用途
  • 築年数
  • 構造
  • 都市計画
  • 建ぺい率
  • 容積率
  • 取引時期

ご自身が売却しようとしているマンションと似た条件の取引を探せば、相場を知る上での参考になります。

参照
地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

大手不動産情報サイト

インターネットの大手不動産情報サイトも活用できます。ご自分が売却しようとする物件のスペックを指定し、同じような物件がないか調べてみましょう。おおよその価格がわかるので、相場をつかむ上で重要なヒントとなります。

ただし、これらのサイトの場合、売却取引価格ではなく、売主が設定した価格が表示されています。「この金額で売れる」という確証はないことに注意してください。

一括査定サイト

ここまでは、あくまで相場をつかむための参考になる情報として、過去に行われた取引の情報や、類似物件の情報を得る手段を紹介しました。それでは、実際にご自分が売却しようとする物件がどのくらいの値段で売れるのか知る方法はないのでしょうか?

おすすめしたいのは、一括査定サイトを利用することです。ここまで紹介した方法と同じように、売却したい物件の情報を所定のフォームに入力し、送信ボタンを押せば、契約している不動産会社が簡易査定を行い、結果を教えてくれます。複数の不動産会社に査定を依頼してみるといいでしょう。

ここで気を付けていただきたいのは、「高すぎる査定額には注意する」という点です。もちろん、マンションの売却を考える際、1円でも高く売れるのに越したことはありません。

ただし、あまりに高すぎる査定額の場合、不動産会社の担当者が、契約を取ろうとして故意に高い金額を提示している可能性もあります。実際に取引を開始した際に、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、十分気を付けてください。

「ここまで高いと不安だ」と感じた場合は、遠慮なく「この金額の根拠は?」と質問してみましょう。しっかりとした回答をしてくれる不動産会社なら、訪問査定を依頼して交渉を始めてもいいかもしれません。
おすすめの記事